MAGAZINE

ハーブのエキスパートブランド「ハーブファーマシー」

2019-11-25

毎日なんだか忙しなく、一息つこうとするも上手くとれない

そんな日が続くと段々身体の上層である肌にその影響が出てきて、またそれが心をきゅっと強張らせる。そんな状態を身体から解してくれる。初めてハーブファマーシーを使ったとき、そういった凄さを感じました。




創業者の植物博士ポール・リチャーズ氏は、イギリスナチュラルコスメ界の伝説の処方家と呼ばれています。リチャーズ氏は幼少の頃を父と野山を歩いて過ごしたことで植物の魅力に魅せられ、イギリスで植物学博士号を取得。 その後、自分の手で育てたハーブでハーバルレメディを作ったことがブランドの始まりとなりました。ヨーロッパの植物研究所勤務を経験した後、ロシアの研究企業に渡ったリチャーズ氏。ロシアの地で現地の植物を活かした民間ハーバルレメディに強く惹かれた氏は、イギリス・ヘレフォードシャーの地に戻ってから自分の畑で育てたハーブの葉でお茶を作り、根はパウダーにして関節炎に悩む人や動物のためにオイルや軟膏を作りました。


パッケージが「植物の効能を強く引き出しているようなブランド」を表しているように感じ、肌の弱い私にとっては少し効能が強すぎるものな気がしていました。あまり関心を持っていなかったのですが、オススメされて試してみたところ、とても良くてびっくり。すんと浸透して、優しく底から癒してくれるような効果を感じました。肌の揺らぎでお悩みの方は是非一度使ってみて下さい。



STAFF: Nanami