MAGAZINE

オーストラリア発祥のプロダクトで除菌生活始めました。

2020-07-22

除菌や衛生管理が必要以上に徹底され始まっている今、アロマやハーブを使った除菌シリーズを色んなところで目にするようになりました。

自粛期間がスタートしたばかりの時期は、近所の薬局でも除菌アイテムがなかなか手に入らず、次から次へと出てくる代替品のような聞き慣れない製品の情報があちこち飛び交い踊らされそうになったり。毎日の暮らしの中で安心して使える単純に良いものはないかなぁと色々探し、今は2つのアイテムを楽しんで使っています。偶然にもどちらもオーストラリア生まれのブランドだったので、旅する気分でご紹介。ボンダイとメルボルンへ go on trip !!!



■ボタニカルハーブで徹底除菌

BONDI WASH / ベンチスプレー」



オーストラリアのボンダイにて誕生したハウスケア製品ブランド「BONDI WASH / ボンダイウォッシュ」。

私のお気に入りは99.99%除菌のベンチスプレーで、シドニーペパーミント&ローズマリーを愛用中。家中お掃除でき、除菌までしてくれる優れものです。

シュシュっと細かなミストが、場所や物を選ばず気軽に使えてとても気にっています。

お家でエクササイズをしている方も増えている今、ヨガマットなどの使用にもオススメ。

世界中から集めたエッセンシャルオイルと植物由来の洗浄成分で作られた製品だけあって、ハーブの香りがスッキリ気持ちよく、スプレーするたびに空気まで浄化されるようなそんな香りです。

お肌に使うものではないのですが、使い心地が気持ちよいという表現を使いたくなり、「使うたびに楽しくなる」なんてフレーズがぴったり。THE 除菌スプレーとはまた違った、ハーブの力で除菌するスプレーの虜になってしまいました。

たっぷり入った500mlサイズとインテリアに馴染むおしゃれなデザインもリピートしたくなる大きな理由の1つです。




■サイエンス&オーガニックの力を借りよう!

GROWN ALCHEMISTハイドラ ハンド スプレー



除菌ハンドジェルを使う時っていつ?

というくらい私には馴染みがなく、どちらかというと除菌ウェットティッシュ派でした。

実際海外旅行に行くと、お食事の前などにハンドジェルを使用している外国の方を目にすることは多く、バックの中の必需品なんだろなぁと感じていましたが、まさか自分が毎日持ち歩く日が来るとは夢にも思っておらず。。

というのもハンドジェルというと海外特有のトロピカルな香料の印象が強く見向きもしなかったのです。なんならレストランで出てくる海外のおしぼりでさえも無香料はないのだろうか、、というほど苦手でした。

そんな中、世の中が除菌生活に変わってしまい、今では外出時にウェットティッシュに加え除菌ハンドスプレーを持ち歩いています。

初めは取り急ぎ薬局で購入していたハンドジェルを小さいボトルに詰め替え使っていましたが、いまいち使いにくく、普段使い慣れていないこともあるのか携帯していることを忘れる始末。これでは意味がないと感じ、使いたくなるハンドジェルを探そう!とくるくるとお店をパトロール。

驚いたのは、思っていた以上にオーガニックブランドからも様々なハンドジェル(スプレー)が発売されているということ。

どのブランドも捨てがたかったのですが、今回はサイズ感と香り、そしてジェルタイプよりスプレータイプが希望だったのでそこは妥協せずに選んだ結果、GROWN ALCHEMIST のハンドスプレーの使い心地がしっくりきたので迷いなくこちらに決定。サイエンス&オーガニックなところも気にっています。

今ではお食事前にもうっかり忘れることなくハンドスプレーを使用。その一手間を「使う楽しみ」に変えて生活しています。


※GROWN ALCHEMIST / ハイドラ ハンド スプレーは、消毒用エタノールの代替品として、手指消毒に使用することが可能な商品です。


STAFF : yk