MAGAZINE

COCOROSEからBODY OILが新登場!

2021-08-01


HERBIVORE BOTANICALS(ハービヴォアボタニカルズ)から「ココローズボディオイル」が発売スタートいたします。ロゼワインのような美しい色味のオイルは、見た目も使用感にもうっとり。
早速、どんなものなのか使用感を試してみました。

■香りについて
香りはココローズスクラブと全く一緒です。そりゃそうだ。笑
スクラブと比べると濃いめのはっきりした香りですが、時間がたつにつれてフレッシュなローズの香りに変化します。
ココローズスクラブと同じラインで登場したボディオイルなので、ローズティーのような香りが好きな方には、迷わずおすすめいたします!


■使用感のバランス
夜のボディケアはスクラブで、日中のボディケアはボディオイルでの使い分けがバランスがいいかな、なんて思いました。
ココローズスクラブの後にボディオイルだと、夏はちょっとやりすぎかなーと。
※ココローズスクラブはアウトバスケアがいらないほど、しっとりうるおい残しで仕上げてくれる人気のある商品です。冬の乾燥のシーズンならSET使いがとてもよさそうな気がします♪


■テクスチャーについて
テクスチャーはハービヴォアならではの、べたつかずさらっとしたオイル感。
髪にも、全身のマッサージオイルとしても使いやすいテクスチャーです。
付けた後の艶っぽさや、保湿感というよりは「うるおい感」と表現したい肌触りは、ココローズの大きな特徴でとっても良い!
肌見せのシーズンなので、ほんのり日焼け肌につけた艶っぽさの演出も私は好みでした。


■Q&A
夏の質問で多いのが、オイル焼け。オイル+太陽。字面だけみたらなんだか火傷しそうな力強さ。(ひゃーこわい)
オイルには、酸化しやすいものと、しにくいものがあり、酸化の原因といわれているのがオイルに含まれる「不純物」です。
不純物の多いオイルを使用することでシミやくすみの原因になるので、できるだけ純度が高いオイルを選びましょう。
そのなかでも、ココナッツオイルやスクワランオイルは酸化しにくいオイルのカテゴリです。
特にココナッツオイルは抗酸化作用があり、肌から出る皮脂の酸化を予防する効果や、天然のSPF効果もあるなんて言われています。
ココローズボディオイルのベースはココナッツ(MCT オイル)やスクワランですので、夏のボディオイルとしての出番が増えそうです。
肌を保護するという目的にはなりますが、ボディオイルで保護するだけでも、日焼けダメージは随分軽減されます。




■ykお気に入り、カスタムな使い方はコレ!
ココローズボディオイルのあとに、CLAREBLANC(クラレブラン)のCASHMERE 21のピンクベージュルミナイジングパウダーを上から叩いてあげると、艶肌を通り越して上品すぎるほどのグロウ肌が完成。さらっとした素肌感が好みというかたには仕上げのパウダー代わりに是非使ってみてほしい合わせ技です。
※ルミナイジングパウダーは3色ございます。お肌の色味にあわせてお選びいただけますよ!

しかし何回オイルと書いただろう。。
うるさい記事になってしまいましたが、夏のボディケアオイルとしてココローズの新商品おススメです。It's so easyでは先行発売中ですよ~!

STAFF: yk





商品情報:モロッコ産のダマスクローズを使用した、ココナッツ&ローズの妖艶な香りにつつまれながら、癒しのボディケアタイムをぜひお楽しみください。
ヴィーガンスクワランベースで肌なじみがよく、すみずみまでうるおいを届けます。オイリースキンタイプを含むすべての肌タイプにご使用いただけます。

商品名:HERBIVORE BOTANICALS ボディオイル(ココローズ)
価格:5,280 円(税込)内容量:120mL