MAGAZINE

ドはまり中の化粧水

2018-09-11

It’s so easyのセレクトするエイジングスキンケアラインにボッテガオーガニカというブランドがあります。100%オーガニックで作られており、香り、成分共に天然そのもので、1度使うと病みつきに。使う人を虜にしてしまいます。


スターターキットといってはなんですが、まずはこのチョイスから初めてみては?

といった3stepが、レモンのクレンジングオイル、ラベンダーの化粧水、ラベンダーのオイルです。


It’s so easyのバイヤーはこのラベンダーをぐいぐいと私に薦めるんです。

エイジングケアは喉から手が出るほど喰いつきたい。

すごくいい商品だってのも重々理解しております。

でもわたし、「ラベンダー」好きじゃないんです。(ごめんね、バイヤー。)

嫌いじゃないよ、あえて選ばないかな。という話。

もう今となっては、食わず嫌いに近い状態です。

バラも同様。

嫌いじゃないよ、あえて選ばないかな。(しつこい)

お花の香りが苦手なのでしょうか。。

芳香剤に選ばれるシリーズのせいか、端から受け付けなくなってしまったのしれません。


ただ、お仕事ですから嫌い嫌いとは言ってられない。

ブ―ブ―いいながらも一応試してみるんです。

流石に天然だけあって、記憶の中のラベンダーの香りよりは上質で、すこし苦みがあるというか、「おお、ハーブッて感じだわ」といった感想。

そのうち、幸せそうにこのミストトナーを顔に吹きかけるバイヤーを度々見続けていたら、「いい香りかもしれない」とマインドコントロール状態にかかりました。

美味しそうに食べる人をみてたら、苦手な食べ物が美味しそうに感じてくるアノ現象ですね。

そんなわけで、私のボッテガオーガニカデビューはラベンダーの化粧水から始まったわけです。

とはいえ「ちょうど化粧水なくなったし、あれば使うしね」という、

水分補給くらいの思い入れでスタートしました。

が、ここからが恐ろしい。



「肌本来の力を取り戻し、自分の力で改善できるような肌作りをいたします。」簡単に説明するとそんなブランドなのですが、ほんとに毎日使っていると変わってくるのです。どう変わるかと言われると難しいのですが、「きれいになる」の前に、「健康になっている」というのを目で見て感じることができます。これが、病みつきの理由なのか!?使っててたのしくなってしまうのです。

オイルやクリームってなんとなく効果がでやすいというか、肌に合えば「これイイ!!」と感じやすい気がするのですが、化粧水でここまでの「変化」を感じたのは初めて。

暇さえあれば、顔にいつも吹きかけ続けたらいいんじゃないかと浅はかな思いを抱いてしまいます。


どうせ使うなら「肌がきれいになるもの」。

は当たり前ですが、「アップデートしてくれるもの」にチャレンジしてみたい方にはお勧めです。

売切れたら大変なので、ここまでにしておきます(笑)