MAGAZINE

PHYT’S ADDICT

2018-06-08

季節の変わりめ、生理前など女子にはいくつもの肌トラブルに悩む時期がありますよね。


環境の変化に敏感な私の肌はなにかとトラブルになりやすく、いつも不安定な肌でした。


トラブルを起こしてしまった肌荒れ時には、いかに隠せるかを研究してカバー力の強いファンデーションやコンシーラーに替えたり。。。けどそれがまた悪影響を起してさらに悪化させ長引かせるなんてこともしばしば。。。


さすがの私も、これを繰り返していては、根本的によくはならない!と気づき、肌のベースを整えることに着目するようになり、肌質を変えるのはまずはクレンジング・洗顔からとの名言を元に、クレンジングをミルクタイプのものに変えてみることに。


このきっかけこそがPHYT’S クレンジングミルクとの出会いでした。



当時クレンジングは俄然オイル派!な私にとって、ミルクタイプに変えることは結構勇気のいること。半信半疑でのお試しでしたが、出会って二年、私の中のスタメン&リピート率No1を獲得しております。笑


まず、荒れた肌にとって痛みなどの刺激は大敵なことはご存知ですよね?

私は肌荒時、たいていのもの(化粧水なども含め)沁みていて、でもそれが浸透しているから我慢!などと間違った知識を信じていました。

ですがそんな肌荒れ時でもPHYT’S クレンジングミルクは全く染みない。

それどころか、汚れを落としているのに潤しているといった不思議な感覚。


肌にのせ体温でクレンジングミルクが緩くやわらかくなってきたのを感じたら、ゆるりと洗い流す、もしくは湿らせたコットンでふき取るだけ。


また洗顔後つっぱていた肌もまだなにも付けていないのにもっちり。

その後の化粧水もすっと染み込む。

なのにきちんと落ちている。


ダブル洗顔も不要なためこれ一本で、十分。また朝の洗顔としても使える優れもの朝のベースが整っていれば、その後のスキンケアも浸透しやすくなり、化粧のノリもよくなりますよね。

スキンケアや化粧ノリがいいと、それだけで気分が上がるもの。

肌荒れ、乾燥に悩んでいる方はまず、クレンジング・洗顔を見直してみるのはいかがでしょう。

安定した肌作りにもPHYT’S クレンジングミルクがサポートしてくれることはまちがいなし。



Mami