MAGAZINE

「諦める前にできることを」

2018-10-12

スタッフARIがお勧めする、毎日のケアに是非仲間入りさせてほしい秋のマストアイテムを紹介!

 


大きめの掌に、短い指。すぐ折れてしまう弱い爪。

 

自分の体のパーツの中でもトップ3に入るコンプレックスが、そう、手でした。

アンバランスな爪の形や、節っぽい指も好きじゃない。

でも、生まれ持ったものだからどうしようもないのだと割り切っているだけでした。

 

ネイルアートをし続けて、指の長さをごまかしたりしてみた若い頃。

それはそれで楽しかったし気に入っていたけれど、爪そのものはどんどん劣化。

薄くてふにゃふにゃになった私の爪は悲鳴を上げていました。

 

それでも私は、「もともと爪や指の形が綺麗な人はいいよなあ」と羨むばかり。

 

ネイルオイルの存在は知っていました。

でも使ったこともなかったし、使う気もさらさらなかった。

心のどこかで、最初から諦めてた。

どうせたいした違いはないだろうと決めつけていたんです。

 

そんな時出会ったのが、ukaのネイルオイル。


 

半信半疑で使い始めてみました。

毎朝家を出る前に、夜寝る前に、ほぼ毎日欠かさず。

習慣化するのは割と得意みたい。笑

 

まず、爪の色が変わりました。

どれだけ乾燥していたんだろう、、、

自分の目で見て分かるほど、みるみる光沢のある綺麗な爪に。

爪の下の皮膚の色も、綺麗なピンク色に変わってきた気がする。

 

綺麗になればなるほど、結果が出れば出るほど、

もっともっと良くしたくなるのが人間。

 

爪切りを使うのをやめて、爪やすりで形を整えるようになり、

ベースコートを塗って爪を守ることが日課になりました。

 

そうしたら、それに応えてくれているかのように、

どんどん爪が綺麗になって、丈夫になって、

そのおかげなのかな。

あんなに短くて嫌だった指も細く長く見えてきて、

今では自分の手が、とても好き!

 

 

一度訪れたネイルケア専門サロンで教えてもらったことがあります。

 

「日本人は恥ずかしがり屋だから、相手の目を見て話すのが苦手。

その分、その人の所作、手の動きをとても見ているんですよ。」と。

 

自分の爪が綺麗になってきた今がタイミング!と思い、

そのお話を聞いてから、さりげない手元の所作にも気を配るようにしています。

すぐ忘れてしまうし、まだまだ未熟だけど。笑

 

 

今でも気を抜くとすぐに不安定になる

弱くて繊細な私の爪だけれど、

ukaのネイルオイルとの出会いで、

自分の好きなところがまたひとつ増えました。

 

 

どんなことでもそう。

諦める前に、できることをやってみよう!

そうしたら、何かが良い方向にきっと変わるはず。