MAGAZINE

念願の地へ

2018-11-21

色々なタイミングが重なって、行ってきました。念願のマルタ島。
何年も前から、一度訪れたいと思っていた場所。


空も海も山も、太陽も月も。そして人も。
地球と宇宙、全部が自分の味方なんだ、と強く思える旅でした。




一週間強のかなりのゆったり旅。
いつもは一日の予定をしっかり組んで、その通りに進まないと落ち着かない性格。
でも今回は、時間と、天気と、その日の自分の心と。
そういう“自然なこと”に、目を向けて耳を傾けて、身も心も委ねる。
住むように、日々過ごすことを心掛けました。


“急がない” “無理しない” “流れに身を任せる”
わたしにとってはとても難しいこと。それを強く意識して徹底したのです。


予定通りいかなくても焦らない。
もう一回ゆっくり考える。
それから動き出すで大丈夫。


不思議でした。
うまくいかないことや落ち込むこともそりゃあったけど、それでもきっと誰かが助けてくれて、誰も助けてくれない時は、自分の力で精一杯考えて精一杯動く。そうしたら、行きたかったところにちゃんと辿り着けたり、思わぬ人との嬉しい出逢いや巡り合わせが待っていたり。


あんなに美しいものにたくさん触れられたのも、
人生で初めてなんじゃないかなってくらい、すべてが美しかった。




美味しいものと、人の温かさと、自然の素晴らしさ、恩恵。
そして、思わぬミラクルの数々。
(どこでもいつでも何か起きるのは、生まれ持ったものなのかもしれない。笑)


自分自身とゆっくり過ごすことができて最高のリフレッシュになり、
なかなかできない経験もたくさんできて、
益々「人生って、本当に最高だなあ」って感じられる一人旅でした。




なにかを楽しむのも悲しむのも、
良いことと思うのも悪いことと捉えるのも、
全部自分次第。考え方ひとつ。
いつもと違う環境に自分の身を置いて、改めて強く感じたこと。


心身共にパワーアップし、体重もしっかり蓄えて笑、無事帰国。
あ~~~、一人旅ってやっぱり最高!
次の場所はどこかな、、、、、?


>>STAFF ARIが今回の旅の相棒に選んだコスメはこちら!!