MAGAZINE

お花見にぴったりのBIOワイン

2019-03-25



-Interview- ワインゴト(講師:SAORIさん)

 

今年の1月下旬、It’s so easyにて、BIOワインのワークショップを開催。
講師には自然派ワインに精通しているワインエキスパートのSAORIさんをお迎えし、
「ワインゴト×It’s so easy」ならではの特別な空間で、
6種類のワインをテイスティングしながらBIOワインの魅力を感じて頂きました。
午前中から開催されたワイン会。
気持ちのよい日差しが降り注ぐ土曜日の模様を皆様にお届けいたします。



It’s so easy (以下 easy)

-「ワインゴト」を始めようと思った大きなきっかけをおしえてください。



SAORIさん

- 慌ただしい日常で、自分を見失いがちになってしまうことが多い中、ワインのテイスティングをすると、ココロが落ち着き、満たされる感覚を多くの方々に伝えたいと思ったことがきっかけです。


easy

- 今回のイベントは午前中からの開催でしたが、何か特別な理由があるのでしょうか。


SAORIさん

- 五感が最も研ぎ澄まされると云われている時間帯が午前11時ということで、この時間に開催することにしています。目覚めて身体が活動し始め、やや空腹感のある状態でワインのテイスティングをして頂くと、いつもは気づいていない感覚を捉えることができます。


easy

- そうなんですね!お酒というとどうしても夜に飲むイメージが強かったので、飲む時間帯を変えることで五感がとらえる新たな魅力に気づけるなんて知らなかった!驚きです!

BIOワインと通常のワインにはなにか大きな違いがあるのでしょうか。


SAORIさん

- 私にとっての大きな違いは、BIOワインは、スルスルと飲め、身体に負担のかからないワインであることですね。また、型にとらわれない個性的なワインが多いので、毎回新しいものに出会える楽しみがあります。


easy

-「身体に負担がかからない」すごく納得です。私もある日を境に、ワインを飲んだ翌日、頭痛がひどくて「もうワインなんて飲むもんか」と思った経験があります。そんなとき勧められたのがBIOワイン。驚くほど翌日の体調の違いを感じました。それにラベルもなんだか個性的でとってもかわいい印象があります。今回参加してくださった方達からの質問も多かったBIOワインの購入場所。SAORIさんお気に入りのショップを教えていただいてもよろしいでしょうか。


SAORIさん

■鯖寅酒販さん 横浜市中区吉田町3-11 サウンド吉田町ビル2B

店主のこだわりの品揃えが抜群です!貴重な造り手さんのワインなども扱ってらっしゃいます。お店で角打ちもやられていますので飲みながら選べるのも楽しいですね。


■No.501 さん 渋谷区神宮前2-5-4 SEIZAN外苑1F

店内が倉庫のようになっており天井からワインでぎっしり埋められています。バーカウンターもあるのでちょっと一杯も楽しめます。


■トロワザムールさん 渋谷区恵比寿西1-15-9

気軽に楽しめるワインから、独自で輸入されているワインまで様々な取り扱いがあります。こちらもバーカウンター併設なので、気軽に一杯も楽しめる空間です。




easy

- この記事を読んで下さっている方、早速ブックマークしている方多いと思います。笑

送り物でワインを購入する方も多いと思うのでこの情報は嬉しい!
とっておきのショップを3つも教えていただきありがとうございます。
ちなみにワインを購入する際、一番悩むのが値段や産地。高いから美味しいというわけではないのでしょうか?ワインに詳しくない方でも選びやすいポイントがあれば教えてください。


SAORIさん

- 高いから美味しいというわけではありません!特に自然派ワインは温度に大変デリケートですので、きちんと冷蔵保管されていることが重要です。気に入ったワインがあれば、そのインポーターさんを覚えておいて次から探してみるのもいいと思います。また産地によっても特徴がありますので、お気に入りの産地を覚えておくのもいいと思います。あとは、恥ずかしがらずにお店の方にどんどん聞くことが1番だと思います。


easy

- なるほど!産地にも好みが出てくるんですね。これから産地にも意識してワイン選びしてみようかな。

早速春にぴったりのワインを、SAORIさんおススメショップで探してきます♪

そして春!お花見シーズンがいよいよ到来しましたね。

お花見女子会にぴったりのおススメしたいBIOワインとおつまみの組みあわせを、SAORIさんセレクトで教えてください!


SAORIさん

■赤ワインのおススメはこちら。
セバスティアン ボビネ ハナミ + ローストビーフ ストロベリーソースかけ

その名も「HANAMI」というフランスロワールカベルネフラン。渋みが少なくフレッシュな赤ワインです。


■白ワインのおススメはこちら。

ファットリア アル フィオーレ Genki+桜チラシ寿司

和食にもぴったりな、とっても香りの良い優しい〜味わいの日本ワインです。


■スパークリングワインのおススメはこちら。

丹波ワイン てぐみ マスカットベーリーA+ いちごのチーズケーキ

強すぎない泡。ピンクのシュワシュワは、春にピッタリ。フレッシュなイチゴキャンディのようなニュアンスの日本ワインです。


easy

- どのペアリングも美味しそう!HANAMIのネームがついたワインすごく気になります。お花見にぴったりのワインですね!ネーミングだけでもそそられちゃいます。ワイン会の中では色んな国の話も出ていましたね。旅先でのワインのお話も興味深く印象的でした。そんなSAORIさんがBIOワインをめぐる旅でおススメしたい土地(場所)があれば是非教えてください。


SAORIさん

- ニュージーランドです!ワイン以外にもがオーガニック大国と言われている国です。小規模な生産者が多く、ワイナリー巡りも楽しめます。


easy

- ニュージーランド!最近特に注目されている国ということもあり、ワインまでもおススメされたらますます行きたくなってしまいます!

今後の「ワインゴト」の開催でやってみたい、チャレンジしたいセミナーなどはありますでしょうか?


SAORIさん

- 五感を研ぎ澄ませて自分を知る!というテーマは是非やってみたいですね。あとは、春らしくロゼワインの会もいいですね。


easy

- 五感かぁ。とても興味深いテーマです。自分を知るひとつのアイテムとしてBIOワインがある暮らしなんて本当に素敵ですね。
最後になりますが今回のBIOワイン会に参加してくださったお客様の反応や印象に残ったことはありますか?



SAORIさん

- 皆様、最初は緊張された様子だったんですが、ワインのテイスティングをしていくうちに、自然と色々な質問が出てきて、

非常にリラックスされた状態になりました。

また、ワインの香りを嗅ぐだけでこんなに気持ちが落ち着くんですねとおっしゃって頂き、

お伝えしたかったことが伝わり大変嬉しく思いました。


easy

- 「酔っているのに、なんだか頭がクリアでスッキリしている」と仰っていた方もいらっしゃいましたよね。
みなさんを見ていて感じたのは、お日様が出ている時間のBIOワインには陽のパワーがあるんだなと感じました。開放的に自分らしくなれるのがお酒の魅力のひとつでもありますが、皆さんがリラックスされたあとの会話の一粒一粒には前向きなパワーを感じ、聞いていてすごく心地の良いものでした。お酒の力が背中を押して、チャレンジ精神に導いてくれる。そんなエネルギーも感じました。飲む時間を上手に選びながら、もっとBIOワインの魅力を知っていきたいと思えた時間でした。SAORIさんの新しいチャレンジにも今後目が離せません!またIt’s so easyでの開催楽しみにしています。季節にあわせた素敵な企画を一緒に考えたいですね♪ 


Profile

ワインゴト主宰/SAORI
J.S.A.ワインエキスパート


略歴

20代の頃に、ナパバレーのワイナリーを訪れたことをキッカケにワインの虜になる。
様々なワインを日常的に飲む生活を送るが、時にワインを飲むと頭痛になったり体調が悪くなることがあり、
ワインがどうやって作られているかに興味を持つ。

約20年間リテールビジネスの現場に携わり、のべ2000人と向き合うマネジメントの仕事に携わる。人は無理せず、自分の個性を生かし得意なことを伸ばしていけば、イキイキと輝き、最大のパフォーマンスが発揮できることを実感した。人とワインは似ている。「自然体で、ありのままの個性を大切にする」をモットーに活動を始める。